お得によい買い物がしたい人必見!中古車を選ぶポイント


走行距離はどのくらい?

走行距離とは、その車がこれまでに走行した距離の合計を表します。一般的には、10万kmが車の寿命といわれています。しかし実際は、10万km以上の車でも、特に不都合なく走るケースが多いようです。とはいえ、走行距離が長い車は、それだけたくさん使われてきたという証でもあります。車は消耗品ですから、使えば使った分だけ劣化していきます。そのため、走行距離が長くなるほど、中古車の価格は安くなる傾向です。安さよりも新しさを重視するなら、走行距離が3~7万km程度の中古車を選ぶとよいでしょう。問題なく走るのであれば安い中古車がいい、という人は8~12万km程度が狙い目です。

年式は新しい?古い?

年式とは、新車として販売された時期を示すものです。年式が新しい中古車のほうが、以前の所有者が使っていた期間は短いということです。そのため、年式が新しい中古車は、外観や内装などの状態がよいものが多い傾向にあります。新車に近いきれいな中古車がほしい人は、6年落ちまでを目安に選ぶとよいでしょう。とにかく価格重視で選ぶのであれば、7~12年落ちまでを検討してみてください。

車検のタイミングも狙い目

新車を購入してから、3年・5年・7年目に車検を行います。車種によっても車検料金は異なりますが、少なくとも数万円単位の金額が必要になります。そのため、車検の前に車を手放す人が増加するのです。したがって、中古市場では3年・5年・7年落ちの車が多い傾向がみられます。在庫が多い中古車ほど、価格は安くなるのが一般的です。3年・5年・7年落ちの中古車は割安である可能性が高く、狙い目といえます。

ボルボの中古車を購入する時、オークションサイトを利用すれば走行距離の長いものだと安く購入することが可能です。